あのころ通信

お客様インタビューで「あのころの肌」を使用した感想を伺いました。

肌と髪、指先まで潤いと栄養を届けてくれる一生大切にしたいパートナーです ともこさん

長年の悩みがきれいさっぱり!
使えば使うほど透き通る肌に

使えば使うほど透き通る肌に

2年前からイベントパフォーマーの仕事を始めて「クラウン(道化師)」のメイクをするようになったんです。そしたら肌がぼろぼろになってしまって。肌に負担をかけすぎて、日に日にくすみもひどくなっていきました。そんなとき、知人に「あのころの肌」をすすめられたんです。1カ月使ってみると肌が透き通った感じがして「これはいいぞ」と、すぐに定期購入を始めました。

3カ月くらいすると肌荒れもなくなって、肌がどんどん綺麗になるんですよ。それに、長い間、左頬にあったグリグリした固いできものがどんどん小さくなって、跡形もなく消えてしまいました。これには感動しましたね。

オールインワンゲル

「『あのころの肌』を使ったらもっといいことが起こるかな」と思って、オールインワンゲルが新登場したときには飛びつきました。
伸びがいいのでお風呂上りのマッサージにちょうど良くて、仕上げにローションをシュシュッと顔に振るのが気持ちいいんですよ。

指先に潤いが戻ってしっとり
化粧直しにも使えます

あのころの肌

クラウンの仕事ではバルーンアートをするので、ゴムの摩擦で指先や手のひらがカサカサになるんです。そんなときはローションを手にもスプレーして、ジェルでしっかり保湿します。以前は指先の皮が剥けていたんですが、今はこの通り、綺麗になりました。

ここまで効果があった化粧水は初めてだったので、正直驚いています。どんなに高い物を使っても「ちょっと保湿力が高いかな」くらいしか感じませんでしたが、「あのころの肌」を使い始めてからは、すっぴんでも外に出られるほど肌質が変わったんです。

無香料で使い勝手もいいし、会社にも1本置いています。オフィスはエアコンで乾燥しやすいのでメイクの上からスプレーして、化粧室ではメイク直しの仕上げに使うと崩れなくなりました。

産毛から前髪に急成長
フルボ酸の力を実感しました

テキスト

もっとすごいと感じたのは、髪の毛への影響です。顔のお手入れをするときにローションを髪の生え際までスプレーしていたら、そこから髪の毛が生えてきたんですよ。最初は産毛だったのが今では前髪くらいの長さになりました。それからシャンプーも使い始めて、ときどき見えていた白髪が気にならなくなったんです。

髪を洗った後にはふわふわに泡立ててパックをしています。しばらく置いている間に体を洗って、最後に髪を流すとそれだけでつるつるなんです。自分でも意外なことに、今ではトリートメントやコンディショナーは使っていません。ローションとゲルとシャンプー、この3つがあればもう大丈夫なんだって、ほっとしています。

あのころの肌シリーズ 商品一覧

あのころコンテンツ